いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年08月24日

互いに食い尽くす


今日のことば

士師記9:19-20、23-24(新改訳JSS2017)もしあなたがたが、今日、エルバアルとその家族に対して誠意と真心をもって行動したのなら、あなたがたはアビメレクによって喜ぶがよい。彼も、あなたがたによって喜ぶがよい。20もしそうでなかったなら、アビメレクから火が出て、シェケムの住民とベテ・ミロを焼き尽くし、シェケムの住民とベテ・ミロからも火が出て、アビメレクを焼き尽くすだろう。」23神は、わざわいの霊をアビメレクとシェケムの住民の間に送られたので、シェケムの住民たちはアビメレクを裏切った。24こうして、エルバアルの七十人の息子たちに対する暴虐への報いが現れ、彼らの血が、彼らを殺した兄弟アビメレクと、アビメレクに手を貸してその兄弟たちを殺したシェケムの住民たちの上に降りかかった。

 

コメント

(この話の背景をぜひ参考に 士師記9章)士師記に起こされたさばき司はだれ一人、完璧な者はいませんでした。それぞれに弱さと道徳的弱点を持っていたにもかかわらず、神は彼らを用いて、救いと、社会的きよめと回復をもたらしました。しかし、アビメレクは何一つ良いところはありませんでした。彼の願望と野心によって、物事を操り自分のために権力と力を奪い、固めました。周りにも協力し、それを許して者たちがいました。しばらく主はそれを許されましたが、そのうちに、お互いを裏切り、互いに滅ぼしあいました(箴言14:12参照)。まさに、今、ある国々の中で起きていることを描写していると思います。主はこれを許されるのは悪と、不法が、腐敗が表に出され、きよめられ、最終的にその当事者同士が互いに滅ぼすでしょう。しかし、国々の主権者なる主を見つめなければなりません。「わたしが わたしの王を立てたのだ。わたしの聖なる山 シオンに。」 7「私は主の定めについて語ろう。主は私に言われた。『あなたはわたしの子。わたしが今日 あなたを生んだ。8わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与える。地の果ての果てまで あなたの所有として』」(詩篇 2:6-8 JSS2017)。国々が主イエスを見上げ、救われるために祈りましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: 士師記 9:16-25
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。