いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年09月2日

不妊の者を子だくさんに変える神


今日のことば

士師記13:3, 5(新改訳JSS2017) 主の使いがその女に現れて、彼女に言った。「見よ。あなたは不妊で、子を産んだことがない。しかし、あなたは身ごもって男の子を産む。5見よ。あなたは身ごもって男の子を産む。その子の頭にかみそりを当ててはならない。その子は胎内にいるときから、神に献げられたナジル人だから。彼はイスラエルをペリシテ人の手から救い始める。」

 

コメント

主なる神は奇跡の神であり、不妊、不毛を実り豊か、子だくさんに変える神です。聖書の中で何人も不妊の女で、子が産めないと言われた者に神は子供を与えました。サラ、リベカ、ラケル、ハンナ、イエスの母マリヤ(処女でありながらも子を産みました)はその例です。このマノアの妻も不妊の女と言われていました。しかし、神の一言葉で、彼女の状況は変わり、サムソンの母となりました。不妊の者に対する神の約束と宣言のことばを声を出して読んでください。「子を産まない不妊の女よ、喜び歌え。産みの苦しみを知らない女よ、喜び叫べ。夫に捨てられた女の子どもは、夫のある女の子どもよりも多いからだ。──主は言われる── 2あなたの天幕の場所を広げ、住まいの幕を惜しみなく張り、綱を長くし、杭を強固にせよ。3あなたは右と左に増え広がり、あなたの子孫は国々を所有し、荒れ果てた町々を人の住む所とするからだ」(イザヤ54:1-3 JSS2017;詩篇113:9も参照)。長い間、日本の教会は「不妊」の者として知られましたが、これは変わります。神は日本にも多くの御国の子がいるのです。長い間、見放され、霊的な実りのない国として知られていましたが、日本の教会の口は笑いで満たされ、舌は喜びの叫びで満たされる。世界の諸国は「主は彼らのために大いなることをなさった。」と言いうでしょう。日本は「主が私たちのために大いなることをなさったので私たちは喜んだ。」と言いうでしょう。今まで、涙とともに種をまいてきた者は喜び叫べながら刈り取る。種入れを抱え、泣きながら出て行った者は、束を抱え、喜び叫びながら帰ってくる(詩篇126篇から)。命と奇跡の神はあなたのためにも同じことができます。

炉心

 

今日のQT箇所: 士師記13:1-14
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。