いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年09月7日

私たちの敬虔によるのではない


今日のことば

士師記15:14-15(新改訳JSS2017)サムソンがレヒに来たとき、ペリシテ人は大声をあげて彼に近づいた。すると、主の霊が激しく彼の上に下り、彼の腕に掛かっていた綱は火のついた亜麻糸のようになって、その縄目が手から解け落ちた。サムソンは真新しいろばのあご骨を見つけ、手を伸ばして取り、それで千人を打ち殺した。

 

コメント

サムソンの力や能力は体形や筋トレから来るものではありませんでした。彼は普通の一般的な男のようでしたが、神の霊が彼に臨んだ時超自然的な力が彼を通して働きました(士師記14:6,19も参照)。また、彼の霊性や聖さによるものでもありませんでした。実は、道徳的に非常に欠けている人格でした。しかし、神が、聖霊を彼に注いだ時力を受けて、超能力があらわされました。神はこのように彼を用いましたが、自分の心と霊を守らなかったので、最終的に彼の堕落して滅びました。神が私たちに聖霊とその力を与えるのは、私たちの義や聖さの結果ではありません。神の恵みです。イエスも奇跡や神の力を現されたのは聖霊で満たされたからです(マタイ12:28; ルカ4:18など参照)。ペテロをとおして、美しいの門で足のなえた男がいやされたときも、ペテロは言いました。「どうして、私たちが、自分の力や敬虔さによって彼を歩かせたかのように、私たちを見つめるのですか?」(使徒の働き3:12 JSS2017)。パウロも言いました。「何かを、自分が成したことだと考える資格は、私たち自身にはありません。私たちの資格は神から与えられるものです。神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者となる資格です。文字は殺し、御霊は生かすからです」(2コリント3:5-6 JSS2017)。また、神はパウロに言いました。「わたしの恵みはあなたに十分である。わたしの力は弱さの内に完全にあらわされるからである」(2コリント12:19 JSS2017)。だからと言って、私たちの弱さや足りなさを軽視したり、見過ごしたりしていいのではありません。聖霊は私たちの内に働いて、私たちをきよめ、聖なる者として造り変えられなければなりません。力の御業も、きよめ、霊的成熟もどちらも聖霊の働きと恵です。

炉心

今日のQT箇所: 士師記15:14-20
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。