いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年10月5日

苦しみは人生のつきもの


今日のことば

ヨブ記3:1‐3(新改訳JSS)そのようなことがあった後、ヨブは口を開いて自分の生まれた日を呪った。ヨブは言った。私が生まれた日は滅び失せよ。「男の子が胎に宿った」と告げられたその夜も。

 

コメント

ヨブは神を呪わなかったけど、生まれた日を呪いました。「ああ、なぜ私は生まれたのか。 こんなことなら、いっそ生まれないほうがよかった」(JCB)。 そして、その苦しみと痛みの故に、深く嘆きました。最初の試練の時とかなり違います(ヨブ記1:20‐22参照)。 苦しみ(特に肉体的な苦しみ)は私たちを精神的にも、霊的にも影響する可能性があります。ヨブの反応を批判しやすいかもしれませんが、この時点てヨブはなぜこれらのことが起こっているのかを知りえませんでした。私たちはヨブ記を通して分かっています。必ずしも、苦しみと苦難は私たちとの因果関係から来るものではありません。しかし、私たちの決断や行為から来ているものであれば、まず、悔い改めるべきです。ヨブの場合はそうではありませんでした。苦しみと苦難は人生のつきものです。それは人間とこの世の堕落の結果です(創世記3:16-19参照)。しかし、気を付けなければそれは私たちの生活だけではなく、神との関係をも滅ぼしてしまうこともあります。正しい見方と理解を持つことが大切です。ヨブ記を通してこれを学びます。「見なさい。耐え忍んだ人たちは幸いだと私たちは思います。あなたがたはヨブの忍耐のことを聞き、主によるその結末を知っています。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられます」(ヤコブ5:11JSS2017)。苦しみは一時的なものであり必ず終わりが来ることを覚えておかなければなりません(この世でなければ永遠において)。そして、神は必ずこれらのことを通して私たちの内に働いていることを知らなければなりません。「あらゆる恵みに満ちた神、すなわち、あなたがたをキリストにあって永遠の栄光の中に招き入れてくださった神ご自身が、あなたがたをしばらくの苦しみの後で回復させ、堅く立たせ、強くし、不動の者としてくださいます」(1ペテロ5:10 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: ヨブ記 3:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。