いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年11月1日

受けた慰めで、他の者を慰める


今日のことば

ヨブ記 16:2-5(リビングバイブルJCB)「そんなことは、さんざん聞かされてきた。 あなたがたは慰め役としては失格だ。 そんな話をいつまで続けるつもりなのか。 いったい、私が何を言ったというので、 そんなに長々としゃべり続けているのか。 とはいっても、立場が逆だったら、 私も同じようなお説教をしていたかもしれない。 あきれ果てて、痛烈な批判を浴びせかけていただろう。 ただ、私はあなたがたとは違う。 私なら、もっと励ましになることを話すはずだ。 あなたたちの悲しみを和らげようと、 一生懸命になるはずだ。

 

コメント

ヨブの「友達」は説教を並べ立てて、ヨブの苦難と困難は自分の背だと主張し続けています。他の人には見えなくても、自分の内の何かの非があるに違いない。告白して悔い改めるように説得しようとしています。しかし、ヨブは自分の心を探っても見当たるものはありません。ゆえに、彼らの説教に反発しているのです。そして、立場は逆であったら、自分は何とかして、相手の痛みと苦しみを和らげようと努めるであろうと言います。ヨブが経験した苦しみと痛みの結果、同じところを通られる者を思いやり、いたわることができるようになったのです。それは苦しみの一つの副産物となります。パウロも多くの苦難と苦しみを通りました。そしてこのように語っています。「私たちの神様は、なんとすばらしいお方でしょう。神様は主イエス・キリストの父であり、あらゆる慈愛の源です。そして、私たちが苦しみや困難にあえいでいる時、慰めと励ましを与えてくださるお方です。それは、苦しみの中にあって慰めと励ましを必要としている人々に、私たちも、神から受ける助けと慰めを与えることができるためです。 私たちがキリストのために苦しめば苦しむほど、より豊かにキリストから慰めと励ましが与えられることは確かです。 私たちが大きな苦しみに会うのも、あなたがたが神の慰めと救いを受けるためです。現に神様は、苦しんでいる私たちを慰めてくださいました。それは、あなたがたのためでもあるのです。つまり、あなたがたが私たちと同じような苦しい境遇に立たされた時、神の慰めがどれほどやさしさに満ちたものであるかを知ることができるのです。神様は必ず、苦しみに耐え抜く力を与えてくださいます」(2コリント1:3-7 JCB)。

炉心

 

今日のQT箇所: ヨブ記 16:1-17
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。