いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年11月23日

不当な扱いにどう対応するか


今日のことば

ヨブ記 30:10-12 (リビングバイブルJCB) 彼らは私をさげすんで近寄らず、 私の顔につばを吐きかける。 神が私のいのちを危険にさらしたからだ。 若い者は、私に恥をかかせるだけでは足りず、 今度はしたいほうだいのことを始めた。 私の足を引っかけて転ばせ、通り道に罠をしかける。

 

コメント

不当に扱われ、ありもしないことで悪口雑言をかけられ、さげすまれ、いじめられるのは何より耐え難いことです。ヨブはすべてを失って、痛みや苦しみを担っているだけではなく、周りの人に、特に最も卑しい者にからかわれ、あざ笑われました。どのように応答すべきでしょうか?イエスはまさにそのようなところをも経験し通られました。「私たちは彼をさげすみ、受け入れませんでした。 彼は悲しみの人で、 苦しみをなめ尽くした人でした。 私たちは彼に背を向け、 そばを通っても顔をそらしました。 彼が侮られても、そ知らぬふりをしていました。 彼は痛めつけられ、苦しみ悩みました。 それでも、ひと言も語りませんでした。 子羊のようにおとなしくほふり場へ引いて行かれ、 毛を刈り取られる羊のように、 非難を浴びせる者たちの前に黙って立ちました。 人々は彼を裁判にかけ、刑場へ引き立てました。 はたして、彼が死ぬのは自分たちの罪のためであり、 身代わりに罰を受けて苦しんでいることを 知っていた者が、その時代にいたでしょうか」 (イザヤ 53:3,7-8 JCB)。その時、イエスはどのように応答したでしょうか?「侮辱されても、苦しめられても報復をせず、公平にさばかれる神にご自分をお任せになりました」 (1ペテロ2:23 JCB)。そしてペテロは私たちに戒めます。「この苦しみは、神が与えてくださった務めでもあるのです。あなたがたのために苦しまれたキリストが見ならうべき模範となられました。この方について行きなさい」(1ペテロ 2:21 JCB)。イエスも教えました。「わたしの弟子だというので、悪口を言われたり、迫害されたり、ありもしないことを言いふらされたりしたら、それはすばらしいことなのです。 喜びなさい。躍り上がって喜びなさい。天の国では、大きな報いが待っているからです。昔の預言者たちも、そのようにして迫害されたことを思い出しなさい」 (マタイ5:11-12 JCB)。これこそ「WWJD」*です。

炉心

 

*What Would Jesus Do?の略。(イエスはどうされるか?)

 

今日のQT箇所: ヨブ記 30:1-15
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。