いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年12月24日

クリスマスはパラダイスの回復の始まり


今日のことば

イザヤ11:1,2,6,9 (リビングバイブルJCB) ダビデ王の家系は切り倒されますが、 その切り株から新芽が生え、 そこから一本の若枝が出て、 その上に主の霊が宿ります。 それは知恵の霊、悟りの霊、助言と力の霊、 知識の霊、そして主を恐れる霊です。 その日には、狼と子羊がいっしょに休み、 ひょうと子やぎは大の仲良しになります。 子牛や丸々と太った家畜が ライオンの間にいても心配はなく、 小さい子どもがその群れを追って行きます。 主の聖なる山のどこででも、 傷つけたり危害を加えたりするものは 一つもありません。 水が海を満たすように、 主を知る知識が地にあふれるからです。

 

コメント

クリスマスをお祝いするのはすべての結末(フィナーレ)の始まりだからです。アダムとエバが罪を犯し、この世に解き放たれた暗闇と呪い、サタンに渡された支配の終わりです。キリストの誕生は新しい主イエスキリストの御国の始まりを指していました。御使いはマリヤに言いました。「その子は大いなる者となり、いと高き方の子と呼ばれます。また神である主は、彼にその父ダビデの王位をお与えになります。彼はとこしえにヤコブの家を治め、その支配に終わりはありません」(ルカ1:31-32 JSS2017)。また、御使いたちが羊飼いたちにも伝えたことです。「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和が みこころにかなう人々にあるように」(ルカ2:14 JSS2017)。これは神が初めにこの世界に造られたパラダイス、エデンの園の回復です(創世記1-2章、特に2:19-20参照)。今日の預言ではイザヤはエデンの園にあった神の国の状況が回復された完成を現して語っています。しかし、私たちは今もその御国の特徴にあずかることができます。「御父は、私たちを暗闇の力から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました」(コロサイ1:13 JSS2017)。「神の国は食べたり飲んだりすることではなく、聖霊による義と平和と喜びだからです」(ローマ14:17 JSS2017)。イエスが死者の中からよみがえられたときに罪の呪いを打ち破り、逆行させ、最初から計画された全てのものを最終的に回復するのです。メリー・クリスマス!

炉心

 

今日のQT箇所: イザヤ11:1-9
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。