いのちのオアシス

バイブルビタミン

2022年01月8日

この上もない喜びの知らせ


今日のことば

ルカ2:17-20(新改訳JSS2017)それを目にして羊飼いたちは、この幼子について自分たちに告げられたことを知らせた。18聞いた人たちはみな、羊飼いたちが話したことに驚いた。19しかしマリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。20羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

 

コメント

羊飼いたちはこのすべての人のための大きな喜びの知らせを確かめに行き、それを見て、喜びの感動を抑えきれませんでした。子羊のように布に包まって飼い葉おけに寝かせてあった赤ん坊である救い主キリスト見て、この上もなく喜びました。そして、誰にでも、この出来事を伝えなければならないと感じました。私たちも救い主である主イエス・キリストに出会う時、喜びを隠しけれません。できるだけ多くの人に知らせたいと感じます。イザヤもこのことを預言しました。「良い知らせを伝える者よ。 山の頂上からエルサレムに向かって叫びなさい。 恐れずに大声で言いなさい。 ユダの町々に「神が来られる」と知らせなさい」(イザヤ40:9 JCB)。 この知らせに対する反応は様々でした。ある者はただ驚き惑いました。マリヤはこれらすべてのことを心に蓄えて思いめぐらしました。羊飼いたちはこの上もなく喜びました。御使いが伝えた通りでした。「こわがることはありません。これまで聞いたこともない、すばらしい出来事を知らせてあげましょう。すべての人への喜びの知らせです」(ルカ2:10 JCB)。この「グッド・ニュース」はすべての人々に知らせなければならない福音です。私たちもこの大きな喜びの知らせを伝えなければなりません(イザヤ61:1-2参照)。パウロもイザヤの預言を取り上げ言いました。「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われるのです。 しかし、主を信じていなければ、どうして主に、「救ってください」と求めることができるでしょうか。また、主イエスのことを一度も聞いたことがなければ、どうしてそのお方を信じることができるでしょうか。だれかが教えてくれなければ、どうしてそのお方のことを聞けるでしょうか。 また、神に遣わされなければ、どうして人々のところへ出かけて教えることができるでしょうか。聖書に、「神との平和を宣べ伝え、良い知らせをもたらす人の足は、なんとうるわしいことか」 (イザヤ52:7) とあるのは、まさにこのことです」(ローマ10:13-15 JCB)。

炉心

 

今日のQT箇所: ルカ 2:8-30
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。