いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年09月9日

戦うべき戦い


今日のことば

士師記5:16-18(創造主訳)「なぜ自分たちの所に留まって、羊飼いの笛をもて遊んでいたのか。ルベン族は心に咎めを持っていた。ギルアデのガドとマナセ族もヨルダン川の東側に留まっていた。ダン族も舟から下りて来なかった。アシェル族も浜辺に座ったまま、動こうとしなかった。しかし、ゼブルン族とナフタリ族は命を賭して戦場に赴いた。」

コメント

イスラエルをしいたげ、苦しめていた敵に対して、立ち上がって戦った者と、じいっとどまって何もしなかった人がいました。ルベン族は戦うべきと分かっていて心に咎めを感じながら結局、何もしなかった。ゼブルン族とナフタリ族は命をかけて戦った。そして、勝利を得た。他のものは後悔するだけでした。私たちはどちらでしょうか?パウロは言いました。「私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。」(2テモテ4:7新改訳)私たちの戦うべき時に忘れてはならないことは「世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。」(1ヨハネ5:5新改訳)

炉心

 

今日のQT箇所:士師記5:1-18
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。