いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年02月12日

いのちの書に名前が書かれたある安全性


今日のことば
ダニエル12:1-3「その時、あなたの国の人々を守る大いなる君、ミカエルが立ち上がる。国が始まって以来、その時まで、かつてなかったほどの苦難の時が来る。しかし、その時、あなたの民で、あの書にしるされている者はすべて救われる。2地のちりの中に眠っている者のうち、多くの者が目をさます。ある者は永遠のいのちに、ある者はそしりと永遠の忌みに。3思慮深い人々は大空の輝きのように輝き、多くの者を義とした者は、世々限りなく、星のようになる。」

コメント
世の終わりは大変な時代ですが、主イエスを信じ、信頼している者は恐れる必要はありません。神と神の軍勢とその長であるミカエルが私たちのために戦っている。最終的に大切なのは自分の名前が小羊のいのちの書に書かれてあるかどうかです。そうであれば恐れることはありません(ルカ10:20;黙示録3:5;20:12-15参照)。

炉心

今日のQT箇所:ダニエル12:1-4
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。