いのちのオアシス

バイブルビタミン

2010年03月20日

愛と献身の魅力


今日のことば

ヨハネ20:14-16「彼女はこう言ってから、うしろを振り向いた。すると、イエスが立っておられるのを見た。しかし、彼女にはイエスであることがわからなかった。15イエスは彼女に言われた。「なぜ泣いているのですか。だれを捜しているのですか。」彼女は、それを園の管理人だと思って言った。「あなたが、あの方を運んだのでしたら、どこに置いたのか言ってください。そうすれば私が引き取ります。」16イエスは彼女に言われた。「マリヤ。」彼女は振り向いて、ヘブル語で、「ラボニ(すなわち、先生)。」とイエスに言った。

イエスが復活後最初に自分を現されたのはマグダラのマリヤです。彼女が最も信仰があったからではなく(復活を信じていなかった、理解していなかった)、最も重要な人物であったからでもない(福音書に数回だけ現れ、使徒の働きと書簡にはまったく出てこない)。ただ、マリヤの愛と献身がイエスを引き付けてのでしょう。(ヨハネ10:1-16;詩篇23篇を参照)

炉心

今日のQT箇所:ヨハネ20:11-23

(自分の感想と思いを書いてみましょう。)

リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

バイブルビタミンメール便お申し込み:

このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。