いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年04月30日

和解のつとめ


ピレモン 1:10 -11

「獄中で生んだわが子オネシモのことを、あなたにお願いしたいのです。彼は、前にはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても、役に立つ者となっています。」

 

オネシモはピレモンから逃げ出した奴隷でした。ローマで獄中のパウロに出会い、キリスト者となりました。パウロは二人の和解のために間に入ってお願いしてまいす。キリストが父なる神の前で私たちのために仲介してくださる実例です。「神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。キリストは、すべての人のいの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。」(1テモテ 2:5-6)是非このピレモンへの短い手紙全体を読んでみてください。

 

炉心

 

今日のQT箇所:ピレモン18-25

(自分の思いを書いてみてください。)

リビングライルQTのHP(パソコン用):http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27