いのちのオアシス

バイブルビタミン

2014年05月7日

和解の務め


今日のことば

2サムエル3:28,37(新改訳)「あとになって、ダビデはそのことを聞いて言った。「私にも私の王国にも、ネルの子アブネルの血については、主の前にとこしえまでも罪はない。それで民はみな、すなわち、全イスラエルは、その日、ネルの子アブネルを殺したのは、王から出たことではないことを知った。」

コメント

ヨアブとアビシャイは戦場での弟の死のかたき討ちをしたのです(3:30参照)。これによって、これまでの内戦がさらに深まる可能性がありました。ダビデは何のかかわりもありませんでしたが、あえてそれを明らかにするために、ダビデの行動によって身を低めて、イスラエルの方々と共に悲しみ、和解をさらに促しました。結果的に内戦が深まるかわり、和解が進みました。私たちも「平和を造る者」、和解の務めに召されていることを覚えて、できる限りのことを務めるべきです。「これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。」(2コリント5:18新改訳)

炉心

 

 

今日のQT箇所:2サムエル記3:28-39
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。