いのちのオアシス

バイブルビタミン

2012年05月15日

愛の奴隷


今日のことば

出エジプト記21:2,5-6(新改訳)「あなたがヘブル人の奴隷を買う場合、彼は六年間、仕え、七年目には自由の身として無償で去ることができる。5  しかし、もし、その奴隷が、『私は、私の主人と、私の妻と、私の子どもたちを愛しています。自由の身となって去りたくありません。』と、はっきり言うなら、6その主人は、彼を神のもとに連れて行き、戸または戸口の柱のところに連れて行き、彼の耳をきりで刺し通さなければならない。彼はいつまでも主人に仕えることができる。」

 

コメント

古代世界から人間を所有物として売買し扱う制度が存在しました。しかし、神が旧約のイスラエルに与えた律法の中では、奴隷制度を認めましたが、厳しく制限し、人間としての尊厳と価値を守りながら、貧困から立ち上がり、だれでも生活を立て直すことができる道を備えたのです。しかし、この制度の中で、ある奴隷が、主人を愛し、献身的に一生を尽くして使えたいと選択するなら、その奴隷は、耳に穴をあけられ、その決意を表明することができました。イエス・キリストは自ら父なる神の御心に服し、奴隷となって、十字架の死にまで従われました(ピリピ2:6-8参照)。ヘブル10:5-7ではこの行為は詩篇40:6-8の預言を成就していると言っています。その中で、「あなたは私の耳を開いてくださいました。」と書いてあり、この「愛の奴隷」を言及しています。私たちも、この同じ心構えで主に献身的に「主の愛の奴隷」として従うべきです(ピリピ2:5参照)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:出エジプト記21:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。