いのちのオアシス

バイブルビタミン

2012年06月12日

主との親しい交わりを慕う


今日のことば
出エジプト記33:9,11 (新解約)「モーセが天幕にはいると、雲の柱が降りて来て、天幕の入口に立った。主はモーセと語られた。11主は、人が自分の友と語るように、顔と顔とを合わせてモーセに語られた。モーセが宿営に帰ると、彼の従者でヌンの子ヨシュアという若者が幕屋を離れないでいた。」

コメント
モーセの幕屋が建てられるまでは、宿営の外に「会見の幕屋」というものが設けられました。ここでモーセは主なる神と出会い、「顔と顔とをあわせて話し、交わりました。後に、イスラエルを導くものとなった若者ヌンの子ヨシュアもこの場所を慕って、モーセが戻られてからも、残って、主の臨在と交わりを慕いました。主は私たちと共に親しい交わりを持つことを願っています。私たちも主との出会いの場所を定めて、主と交わることをどれだけ慕っているでしょう。

炉心

 
今日のQT箇所: 出エジプト記33:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。