いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年06月20日

迫害者のために祈る


使徒 7:59-60 

「こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。」

 

ステパノは迫害の末、石打で殺されますが、最後まで、自分の迫害者のために祈りました。(マタイ5:44;ルカ23:34などを参照)。そして、神はこの祈りに応えられて、ステパノの死を見守っていたサウロ(後のパウロ)を救い、ステパノの働きを継続する者として召されました。

 

炉心

 

今日のQT箇所:使徒7:46-60

(自分の感想を書き出して見ましょう)

リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27