いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年06月23日

聖書を理解するため


使徒8:34-35 

「宦官はピリポに向かって言った。「預言者はだれについて、こう言っているのですか。どうか教えてください。自分についてですか。それとも、だれかほかの人についてですか。」ピリポは口を開き、この聖句から始めて、イエスのことを彼に宣べ伝えた。」

 

聖書を読む鍵がここにいくつかあります。エチオピアの宦官は始めて聖書を読みながらその箇所に関していろいろ質問しました。これは聖書の意味や言っていることを理解し始めるための鍵です。信仰の仲間や先輩を通して、あるいは聖書自体から聖霊様はその答えを教えてくださることでしょう。ピリポの答えにも鍵を見出せます。聖書の中心人物はイエスキリストなので、そのすべては何らかのことでキリストにつながります。(ルカ24:27;24:44-47も参照)。

 

炉心

 

今日のQT箇所:使徒8:26-40

(自分の感想を書き出して見ましょう。)

リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27