いのちのオアシス

バイブルビタミン

2015年06月23日

悔い改めの機会と裁きの時


今日のことば

2列王記9:36-37(新改訳) 帰って来て、エフーにこのことを知らせた。すると、エフーは言った。「これは、主がそのしもべティシュベ人エリヤによって語られたことばのとおりだ。『イズレエルの地所で犬どもがイゼベルの肉を食らい、イゼベルの死体は、イズレエルの地所で畑の上にまかれた肥やしのようになり、だれも、これがイゼベルだと言えなくなる。』」

コメント

この恐ろしい罪のさばきがエリシャによって預言されました。実は、神はこの邪悪なイゼベルに対しても恵み豊かに忍耐を持って、悔い改める機会(時間)を与えました。しかし、悔い改めようとせず、かえって、心を悪に染まり、頑なになって、ついに裁きの時が来ました。黙示録の中にも同じような心を持つ者に対して警告しています。「しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは、イゼベルという女をなすがままにさせている。この女は、預言者だと自称しているが、わたしのしもべたちを教えて誤りに導き、不品行を行なわせ、偶像の神にささげた物を食べさせている。 わたしは悔い改める機会を与えたが、この女は不品行を悔い改めようとしない」(黙示録2:20-21新改訳)。私たちは神のあわれみと忍耐を無視するならついに恐ろしいさばきしかないことを忘れないようにしましょう(へブル10:26-27も参照)。神様は私たちが悔い改めて立ち返るのを忍耐深く待っておられます(2ペテロ3:9参照)。

 

炉心

 

 

今日のQT箇所:2列王記9:27-37
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/newsub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。