いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年06月29日

他の人の内に働く神の恵みを信じる


今日のことば

使徒の働き9:26-27(新改訳)「サウロはエルサレムに着いて、弟子たちの仲間にはいろうと試みたが、みなは彼を弟子だとは信じないで、恐れていた。27ところが、バルナバは彼を引き受けて、使徒たちのところへ連れて行き、彼がダマスコに行く途中で主を見た様子や、主が彼に向かって語られたこと、また彼がダマスコでイエスの御名を大胆に宣べた様子などを彼らに説明した。」

コメント

サウロは奇跡的にイエスキリストと出会い、劇的に変えられたにもかからわず、エルサレムに来たときには、キリスト者の信者たちは最初だれも相手にせず、受け入れてくれませんでした。そこで、バルナバ(別名慰めの子)は手を差し伸べて受け入れた結果、最も偉大な使徒パウロの働きがあるのです。バルナバは他の人には見えなかった神の恵みの働きに気付き、危険を冒してでも、彼を受け入れ、育ててあげました。私たちは自分のうちに働く神の恵みだけではなく、他の人のうちに働く神の恵みを信じて、励まし、助長すべきです。神はどのような器を見出して用いるかわかりません(1コリント15:10;1:4参照)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:使徒の働き9:23-30
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。