いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年08月3日

全くきよい良心


使徒23:1 

『パウロは議会を見つめて、こう言った。「兄弟たちよ。私は今日まで、全くきよい良心をもって、神の前に生活して来ました。」』

 

パウロは常に神と人の前で全くきよい良心で生きようと努めていました。パウロの回心前にはキリスト者を迫害しましたが、これもその時は良心的に正しいことであると信じて行動していました。良心に逆らって行動することは危険です。しかし、私たちの良心が最終的な審判ではないことを忘れてはいけません。パウロも言いました。「私にはやましいことは少しもありませんが、だからといって、それで無罪とされるのではありません。私をさばく方は主です。」(1コリント4:4)だから私たちの良心を常に神に服従させ、神のみことばによって調整しなければなりません。

 

炉心

 

今日のQT箇所:使徒23:1-11

(読んで、自分の感想を書いてみましょう。)

リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27