いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年08月4日

神の摂理


使徒 23:12、16 

「夜が明けると、ユダヤ人たちは徒党を組み、パウロを殺してしまうまでは飲み食いしないと誓い合った。ところが、パウロの姉妹の子が、この待ち伏せのことを耳にし、兵営にはいってパウロにそれを知らせた。」

 

たま、たまパウロの甥子がこの話を聞いたのは偶然ではなく神の摂理であった。私たちの生活の中ですべての細かいところまで神は見られて、支配し、導いてくださいます。このことによってパウロの命が守られ、神のご計画は進められました。この事件の直前に主はパウロに告げられていました:「勇気を出しなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことをあかししたように、ローマでもあかしをしなければならない。」(11節)後にパウロも言いました:「さて、兄弟たち。私の身に起こったことが、かえって福音を前進させることになったのを知ってもらいたいと思います。」 (ピリピ1:12 )

 

炉心

 

今日のQT箇所:使徒23:12-24

(読んで、自分の感想を書いてみましょう。)

リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27