いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年08月7日

キリスト者の人生観


使徒 24:14 

「しかし、私は、彼らが異端と呼んでいるこの道に従って、私たちの先祖の神に仕えていることを、閣下の前で承認いたします。私は、律法にかなうことと、預言者たちが書いていることとを全部信じています。また、義人も悪人も必ず復活するという、この人たち自身も抱いている望みを、神にあって抱いております。そのために、私はいつも、神の前にも人の前にも責められることのない良心を保つように、と最善を尽くしています。」

 

パウロは自らの人生観を持って抗弁とした。キリストの道に従う者である。神のみことば(律法と預言者)を信じる。未来への希望は復活と善人悪人をさばく神の審判にある。現在における人生目標は神と人の前で責められることのない良心をと持って生きることである。 (1テモテ1:5; テトス2:11-13なども参照)

 

炉心

 

今日のQT箇所:使徒24:10-23

(読んでから自分の感想を書いてみましょう。)

リビングライフQTのHP:http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27