いのちのオアシス

バイブルビタミン

2010年08月28日

心痛む神


今日のことば

エレミヤ48:36、47「それゆえ、私の心はモアブのために笛のように鳴り、私の心はキル・ヘレスの人々のために笛のように鳴る。彼らの得た富も消えうせたからだ。47しかし終わりの日に、わたしはモアブの捕われ人を帰らせる。・・主の御告げ。・・」ここまではモアブへのさばきである。」

コメント

異邦の民モアブに対する神の心。神は正し、正義なる神で罪と悪を必ずさばかなければならない。しかし、さばきを喜ぶ方ではない。かえって、心痛みます。「わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。・・神である主の御告げ。・・彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。(エゼキエル18:23;2ペテロ3:2も参照 )だれであれ、主はその人が悔い改めて、神に立ち返ることを望み、喜ばれます。神はモアブの最終的回復をも約束しています。しかし、この約束は、アブラハムの子孫にも約束した祝福と同じ源、イエス・キリストにあります(使徒4:12;ガラテヤ3:14など参照)。

炉心

今日のQT箇所:エレミヤ48:36-47
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。