いのちのオアシス

バイブルビタミン

2009年09月29日

霊感による預言


1歴代誌25:1、3

「アサフとヘマンとエドトンの子らを奉仕のために取り分け、立琴と十弦の琴とシンバルをもって預言する者とした。立琴をもって主をほめたたえ、賛美しながら預言する彼らの父エドトンの指揮下にあった。」

 

預言とは神の霊感によって語る、歌う意味です。キリスト者は聖霊に満たされて神に、人に、自分に神のことばを語り宣言することができる。また、神の霊感によって楽器も弾き預言することができる。特に共に集まったときに語り、賛美し、分かち合うことができる。「御霊に満たされなさい。詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。いつでも、すべてのことについて、私たちの主イエス・キリストの名によって父なる神に感謝しなさい。」( エペソ 5:18-20 )

 

炉心

 

今日のQT箇所:1歴代誌25:1-31

(読んでから自分の感想を書いてみましょう。)

リビングライフQTのHP:http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27