いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年10月8日

主が自分から去られたことを知らなかった


今日のことば

士師記16:20(新改訳)「彼女が、「サムソン。ペリシテ人があなたを襲ってきます。」と言ったとき、サムソンは眠りからさめて、「今度も前のように出て行って、からだをひとゆすりしてやろう。」と言った。彼は主が自分から去られたことを知らなかった。」

コメント

聖書の中で最も悲しいことばの一つ。「彼は主が自分から去られたことを知らなかった。」しかし、実は、とっくの前から、サムソンが神様から離れてしまってたのです。自分に与えられているこの力のたまものは神様からのものであることを忘れ、神のため、神のご計画のためではなく、自分のためにだけ使っていました。そして、神様との歩みを妥協して、生きていました。それでも、神様の力を利用できると思っていました。そこで気づかないうちに、神様が離れてしまっていました。実は、神様がサムソンをあきらめて見捨てたのではなく、サムソンが神様を捨てて、離れていたのです。「私の言うことを聞きなさい。あなたがたが主とともにいる間は、主はあなたがたとともにおられます。もし、あなたがたがこの方を求めるなら、あなたがたにご自身を示してくださいます。もし、あなたがたがこの方を捨て去るなら、この方はあなたがたを捨ててしまわれます。」(2歴代誌15:2新改訳)(詩篇51:11-13;エレミヤ29:12-14も参照)

炉心

 

今日のQT箇所:士師記16:15-22
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。