いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年10月11日

主との親しい交わり


今日のことば

レビ記8:31「そして、モーセはまた、アロンとその子らに言った。「会見の天幕の入口の所で、その肉を煮なさい。そしてそこで、それを任職のかごにあるパンといっしょに食べなさい。私が、アロンとその子らはそれを食べよと言って命じたとおりに。」

コメント

アロンとその子らの任識(任命と聖別)の一環として、会見の幕や(神様との出会いの場所)にとどまって、いけにえの一部分を食べなければなりませんでした。それは神様との親しい交わりに預かることを表しました。新約において、イエス様は言いました、「まことに、まことに、あなたがたに告げます。人の子の肉を食べ、またその血を飲まなければ、あなたがたのうちに、いのちはありません。54わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠のいのちを持っています。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。」(ヨハネ6:53-54)さらに私たちを招いています、「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」(黙示録3:20) 主は私たちと親しい交わりを望んでおられます。

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記8:30-36
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。