いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年10月15日

神を喜ばせる心の大切さ


今日のことば

レビ記10:19-20(新共同訳)「アロンはモーセに答えた。「確かにあの者たちは今日、・罪の献げ物と焼き尽くす献げ物を主の御前にささげました。しかし、わたしにこのようなことが起きてしまいました。わたしが今日、・罪の献げ物を食べたとしたら、果たして主に喜ばれたでしょうか。」20モーセはこれを聞いて納得した。

コメント

アロンの息子二人が勝手な捧げ物をしたために焼きつかされました。残されたアロンとあと二人の息子たちは神を恐れる心が非常に高まっていたことでしょう(レビ記10参照)。神は詳細をも気にされる方ですが、心と態度をも見られる方です。アロンとその息子は詳細に関して過ちを犯しましたが、その心は神の御心にかなうものとなりたい、神を喜ばせないことをしたくないと考えていたようです。モーセも神もこの心を受け入れました。「人はうわべを見るが、主は心を見る。」(1サムエル16:7)

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記10:12-20
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。