いのちのオアシス

バイブルビタミン

2014年10月16日

偶然か、神の主権か


今日のことば

伝道者の書9:11-12(リビングバイブル) 私は再びこの世界を見て、足の速い人が必ずしも競走で勝つとは限らず、強い人が必ずしも戦いに勝つわけでもなく、りこうな人がかえって貧乏暮らしをし、腕はあっても認められない人がいることを知りました。  あらゆることが偶然の組み合わせであり、出る場所と時が良ければ、勝運に恵まれるのです。いつ悪運にみまわれるかを知っている人はいません。  人はみな、網にかかった魚、罠にかかった鳥のようです。

コメント

人間の視点からのみ物事を見るとき、全てが時間と機会(偶然)にしか見えない。しかし、すべてを御手に持って支配する主権者なる神がいることを認めるときに、信頼と確信を持って生きることができます。ソロモンはこのことを忘れましたが、ダビデ王はこう告白しました。「主よ。私は、あなたに信頼しています。...「あなたこそ私の神です。」私の時は、御手の中にあります。」私たちはどの視点から、人生を見て生きているのでしょうか?主が与えてくださる機会と物を用いて最大に生かすべきです。

炉心

今日のQT箇所:伝道者の書9:11-18
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/newsub.asp?gubun=0301
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。