いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年10月29日

審判者の前に立つ


今日のことば

1コリント 4:4-5(リビング)「良心にやましいところは、さらさらありませんが、だからといって、安心しきっているわけでもありません。 調べた上で判決をお下しになるのは、主ご自身だからです。5 ですから、主がまだお帰りにならないうちから、ある人が良い家来かどうか、せっかちに結論を下すことがないように注意しなさい。 主が来られる時、すべては明るみに出されます。 一人一人の心の奥底までが見通され、ありのままの姿が、だれの目にもはっきり見えるようになります。 その時、私たちが、なぜ主の仕事をしてきたのか、だれにもわかるようになります。 そして、一人一人が、ふさわしい賞賛を神様から受けるのです。」

コメント

良心に攻められないで生きる、やましいところがないのは大切ですが、私たちの良心が最終的審判者ではなく、神様ご自身です。だからこそ、常に、私たちの心と思いと内なる動機などすべて神と神のみことばに照らされなければならない。最後の日には裁きの御座の前に立ち、すべてがあからさまにされます(2コリント5:10参照)。しかし、その時にはどうするのも遅いです。今、主に光を照らされて、心を探っていただくべきです。ダビデと共に祈りましょう。「ああ神様。 私の心を探り、その内面を調べ上げてください。24もし、あなたを悲しませるようなものがあるなら、教えてください。 そうして、永遠のいのちへの道からそれないようにお導きください。」(詩篇139:23-24リビング)

炉心

 

今日のQT箇所:1コリント4:1-8
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。