いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年11月14日

罪の贖いと身代わり


今日のことば

レビ記16:7-10(リビングバイブル)「続いて、天幕の入口の神の前に、山羊二頭を引いて来て、8くじを引き、神のものになるほうと、全国民の罪の身代わりに荒野へ放つほうを決める。9神のものと決まったほうを、罪が赦されるためのいけにえとする。10もう一頭は、生かしたままで神の前に置く。 罪を償う儀式を行なったら、全国民の罪の身代わりとして荒野へ放つ。」

コメント

レビ記16章にはキリストとキリストの贖いを指す数多くの描写があります。それぞれのいけにえはすべてキリストのいけにえを指しています。しかし、特にこの二頭のヤギは私たちの罪のための贖いを物語っています。一頭は罪の代価として殺され罪のいけにえとして捧げられました。もう一頭は罪の身代わりとして罪を遠く持ち去りました。キリストの贖いと身代わりについてぜひヘブル7:26-27;9:23-24;1ヨハネ2:2などを読んでみてください。「神様は私たちの罪を取り除き、はるか地平線のかなたに投げ捨ててくださいました。」(詩篇103:12リビングバイブル)

 

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記16:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。