いのちのオアシス

バイブルビタミン

2012年11月14日

神と人間のかかわり


今日のことば
ヨブ25:2-4(新改訳)「主権と恐れとは神のもの。神はその高き所で平和をつくる。3その軍勢の数ほどのものがほかにあろうか。その光に照らされないものがだれかいようか。4人はどうして神の前に正しくありえようか。女から生まれた者が、どうしてきよくありえようか。」

コメント
確かに神と人間は比べものにもなりません。神は全能であり、無限であり、偏在です。それに対して、人間は有限であり、力も制限されていて、時間、空間というものに縛られています。どうしてこの人間は神様とかかわれるのでしょうか?それは、人間の側からできるものではなく、神様が一方的に私たちに近づいてくださるからです。「いと高くあがめられ、永遠の住まいに住み、その名を聖ととなえられる方が、こう仰せられる。「わたしは、高く聖なる所に住み、心砕かれて、へりくだった人とともに住む。へりくだった人の霊を生かし、砕かれた人の心を生かすためである(イザヤ57:15新改訳、詩篇8:4-6も参照)。 私たちが神とかかわれる二つの要素は信仰と謙遜です。「ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(へブル4:16新改訳)

炉心

今日のQT箇所:ヨブ25:1-6
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。