ã„ãŽãĄãŽã‚Ēã‚ĸã‚ˇã‚š

バイブãƒĢビã‚ŋミãƒŗ

2008åš´11月17æ—Ĩ

バイブãƒĢビã‚ŋミãƒŗ 11/17 あãĒたぎ意įžŠ


äģŠæ—Ĩぎことば

 

1ã‚ŗãƒĒãƒŗト12īŧš12īŧ20 īŧˆãƒĒビãƒŗグバイブãƒĢīŧ‰

「äēēäŊ“ãĢは多くぎ部分がありぞすが、そぎ各部分がįĩãŗ合わされãĻ、一つぎäŊ“が成りįĢ‹ãŖãĻいぞす。キãƒĒ゚ト様ぎ「äŊ“」ãĢついãĻã‚‚ã€åŒã˜ã“ã¨ãŒč¨€ãˆãžã™ã€‚į§ãŸãĄã¯ãã‚Œãžã‚Œã€ã‚­ãƒĒ゚ト様ぎäŊ“ぎ一部分ですīŧŽīŧŽīŧŽã€‚įĸēかãĢ、äŊ“はただ一つぎ部分からではãĒく、多くぎ部分から成りįĢ‹ãŖãĻいぞす。たといčļŗが「į§ã¯æ‰‹ã§ã¯ãĒいから、äŊ“ぎ一部ではãĒã„ã€ã¨č¨€ã„ã¯ãŖたところで、äŊ“ぎ一部でãĒくãĒるわけではありぞせん。又、もしč€ŗが「į§ã¯č€ŗで、į›Žã§ã¯ãĒいから、äŊ“ぎ一部でãĒい」ãĒãŠã¨č¨€ãŖたら、おうでしょう。そんãĒことで、č€ŗがäŊ“からé›ĸれることができぞすか。もしäŊ“å…¨äŊ“ãŒåˇ¨å¤§ãĒ一つぎč€ŗãĒら、ãĢおいをかげるでしょうか。しかし、įĨžæ§˜ã¯į§ãŸãĄãŽäŊ“を、そぎようãĢつくられたぎではありぞせん。äŊ“ぎためãĢ多くぎ部分を造り、各部分を思い通りãĢ配įŊŽã•ã‚Œãžã—た。もしäŊ“が単一ぎ器厘でできãĻいたら、それこそ、ばけもぎです。ですから、įĨžæ§˜ã¯å¤šããŽå™¨åŽ˜ã‚’造られぞした。しかし、やはりäŊ“は、ただ一つãĒぎです。」

 

äģŠæ—ĨぎįŽ‡æ‰€ã¯éĸį™Ŋく、単į´”ãĒたとえですが、とãĻも大äē‹ãĒįœŸį†ã‚’教えãĻいぞす。į§ãŸãĄã˛ã¨ã‚Šã˛ã¨ã‚Šã¯ã‚­ãƒĒ゚トãĢあãŖãĻ重大ãĒ意įžŠãŒã‚りぞす。同時ãĢ、キãƒĒ゚トぎäŊ“ぎ一部分ãĢすぎãĒいぎで、č‡Ē分ãĢãģれあがãŖãĻもいけぞせん。

 

į‚‰åŋƒ