いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年12月13日

永遠の贖い


今日のことば

レビ記23:27-28(新改訳)「特にこの第七月の十日は贖罪の日、あなたがたのための聖なる会合となる。あなたがたは身を戒めて、火によるささげ物を主にささげなければならない。28その日のうちは、いっさいの仕事をしてはならない。その日は贖罪の日であり、あなたがたの神、主の前で、あなたがたの贖いがなされるからである。」

コメント

贖罪の日とは年に一度大祭司が贖いのいけにえの血を携えて至聖所に入り贖いのふたに血を注いで、イスラエルの罪を一時的に覆う儀式の日でした。ほとんどの祭りの日はお祝いのときでしたが、この日は断食を持って罪を反省し悔いるときでした。しかし、イエスキリストはご自分の血を携えて、たった一度天の聖所に入り、永遠の罪の贖いを成し遂げられました。私たちも時折に振り返り、反省と悔い改めをすべきですが、私たちの罪はすべてキリストの贖いによって永遠に消され、私たちはきよめられていることを忘れてはいけません(ヘブル9:12;10:10,14など参照)。聖餐式はこのことを語っています。

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記23:23-32
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。