いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年12月22日

神の究極的の願い


今日のことば

レビ記26:11-13(新改訳)「わたしはあなたがたの間にわたしの住まいを建てよう。わたしはあなたがたを忌みきらわない。12わたしはあなたがたの間を歩もう。わたしはあなたがたの神となり、あなたがたはわたしの民となる。13わたしはあなたがたを、奴隷の身分から救い出すためにエジプトの地から連れ出したあなたがたの神、主である。わたしはあなたがたのくびきの横木を打ち砕き、あなたがたをまっすぐに立たせて歩かせた。」

コメント

この前文に、神様に対して従順に従う時の幾つかの祝福と恵みが書いてありますが、ここに最も大切で不可欠な結果があります。主なる神は私たちとともに住み、ともに歩み、私たちの神となり、私たちは主の民となる。これこそ神が人を造られた究極的な願いであり計画です。アダムとエバの時から、黙示録の結末に至るまで神様の願いです。「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、」(黙示録21:3)イエス・キリストがこの地上に来られたのも「インマヌエル」「神我らと共におられる」と呼ばれました。

炉心

 

 

今日のQT箇所:レビ記26:1-13
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。