いのちのオアシス

4月21日(木)

今日は、朝から沢山物資の要請があり、あれだけあった水やトイレットペーパーがこちらでは一旦空になりました。

写真 2016-04-21 22 02 20

写真 2016-04-21 20 30 01

ですが、昼間、夕方にはまた続々と物資が届いて、要望のあった分は全て届ける事ができました。特に今日は直接持ち込んでいただくことが非常に多かったです。

今日は、九州キリスト災害支援センターの指示を受け、熊本市内と八代方面に物資を届けに行きました。

写真 2016-04-21 20 45 45

 

すぐ食べられるものが必要ということで、近くのお店にご協力いただいて沢山のパンやバナナを仕入れさせていただきました。

写真 2016-04-21 20 27 42

 

運ぶ時、買い物に来られていた方が、「車まで私も運びます、手伝います」と協力して下さったそうです。

この働きは私たちだけでやっているものでないと改めて実感しました。感謝です。

写真 2016-04-21 20 27 38

 

今日はこのようなマットの要請もありました。

写真 2016-04-21 20 43 59

明日以降も今日と同じ物資を募集していきます。

すぐに食べられるもので、特に缶詰やパンなどは喜ばれているそうです。

写真 2016-04-21 8 04 26

 

日々、時間ごとに、必要なものが変わっていることを実感します。

私たちが今、このように臨機応変にすぐに現地のニーズに応える事ができるのは、皆様おひとりおひとりのご支援のゆえです。

届けられている物資の中から、また物資にないものは義援金の中から使わせて頂いています。

 

今の私たちの役目は、九州キリスト災害支援センターからの要請に応え、主に大牟田トータルクリスチャンチャーチと連携をとって、必要なものを必要な分だけ必要なところへ、できるだけタイムリーに届けることです。

ですが、教会員だけでは今のこの役目を続けていくことは難しかったでしょう。

でも、教会には今、強力な助っ人がいてくださっています。

それは近隣の地域の方々です。

事務から仕分けから手伝ってくださるご夫婦、

町内放送で教会へ協力を呼び掛けてくださった区長さん、

快く車両を貸し出してくださる板金屋さん、

子供の送迎の際や仕事帰りに物資を持ちこんでくださる沢山の地域の方々、

毎朝教会の募集物資の看板を見に来て写真を撮って広めてくださる方、

若い人たちに声かけてできることはなんでもしますと音頭をとってくださる方、

まだまだ挙げきれないほどの方々のご協力をいただいています。

 

ここ、荒尾市牛水は田舎の小さな町です。

ですが、地域の皆様の優しさに触れる度に、ここに教会がある意味を教えられます。

明日も必要な所に、必要なものが、必要なときに、届けられますように。

 

物資も、義援金についても、本当に沢山の方からのご支援をいただいています。教会関係の方々からももちろん多いですが、今まで教会とはなんのつながりもなかった方々からの支援も本当に多いです。

ありがとうございます。

 

 

さて、今日、届けられたダンボールの中に、沢山子供向けのお菓子が入っていました。

すると、子供たちの字でしょうか。その1つ1つにメッセージが書かれていました。

仕分けをしている最中に見つけ、胸が熱くなりました。

写真 2016-04-21 14 39 16

仕分けして搬送しますし、どのような形で被災者の方の手元に届くか、被災者の方がこのメッセージを目にするかわかりませんが、でも、この思いを届けなければ。そう奮い立たされた瞬間でした。

 

 

熊本は今日は雨です。

ついさっきも余震で少し揺れました。

被災者の方はもちろん、多くのボランティアスタッフも守られますように。

疲れや不安を覚える一人ひとりの内に、神様の平安と力が与えられますように。

 


4月20日(水)

今日も全国から物資がどんどん届いています。
本当に、本当にありがとうございます。

昨日から、大牟田トータルクリスチャンチャーチに届けられた物資を、一旦、当教会に運搬し、こちらで仕分けなどを行うようにしています。

写真 2016-04-20 21 44 22

写真 2016-04-20 21 44 27

写真 2016-04-20 17 47 04

写真 2016-04-20 17 47 12

 

写真 2016-04-20 21 43 00

 

 

現在、現地での活動拠点となっている熊本ハーベストチャーチも物資が満たされつつありますので、一旦こちらの教会で物資を保管して、必要に応じて必要なタイミングで搬送するスタイルをとっています。

 

また、配送による物資受付は一旦終了させていただきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

しばらくの間、持ち込みのみ物資を受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

 

現地での詳しい活動内容は、九州キリスト災害支援センターの公式Facebookにて発信されていますので、是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/kumamotoshien/

 

【必要物資】

・パンなどすぐに食べられるもの

・ぞうきん

・ゴミ袋

・土嚢袋

・作業用手袋

 写真 2016-04-21 8 04 26

 

今日、すばらしい神様の恵みに気づきました。

私たちは、活動母体である九州キリスト災害支援センター(旧名称:熊本県教役者会熊本地震支援センター)からの要請によって、物資を搬送しておりますが、日々続々と届けられる物資をどのように効率的に搬送するか苦慮していました。

というのも、通常の乗用車ではやはり非効率であり、渋滞を悪化させる要因にもなります。かといって近隣のレンタカーはトラックも出払っていて借りることができませんでした。

ところが、今までを振り返ってみると必要な時に、不思議な形で必要な大きさのトラックがいつも与えられていました。

運搬用大型トラック、軽トラック、大型トレーラー・・・

IMG_1269

 

写真 2016-04-20 0 54 31写真 2016-04-19 12 45 57

 

ですが、日々、これからも増え続ける物資を、今後どのように運搬するべきか、悩んでおりました。

そして今日、ある支援団体からのご厚意により、私たちが願っていた通りの2tトラックを、この支援の期間、無料で貸し出してくださることになったのです!!

(写真はイメージです。)

2t

 

まさに、「主の山に備えあり」。ハレルヤ!!

皆様からお預かりした物資を、これからも届け続けていきます。

 

 

 


支援物資について

今回の熊本地震への支援の呼びかけに、沢山の方が賛同してくださり、全国各地から沢山の物資を届けていただいております。沢山のご支援を本当にありがとうございます。

 

支援物資ですが、これから必要なものは、【物資】から【人】へと移行していきます。

 

当教会でも、これより配送による物資受付を終了させていく体制へシフトしていきます。

「物資についてはこれから全く受け付けない」ということではありませんので、すでに配送の準備を進めてくださっているもの、集めてくださっているものがあれば、是非届けてください。

 

また、今しばらくの間、持ち込みによる物資受付は継続していく予定です。

持ち込みによる物資受付は、今まで通り大牟田トータルクリスチャンチャーチと有明バイブルチャーチで行いますので、お持ちくだされば幸いです。

→2016.5.15をもちまして、

 持ち込みによる物資の受付も終了いたします。

 

このように被災地のニーズが変わってきていることを事前にお知らせさせていただきます。

 

また、人が動くときには資金も必要となります。

義援金につきましては、引き続き受け付けておりますので、皆様のご協力をお願いいたします。

 

また、私たちの活動母体である九州キリスト災害支援センターの公式Facebookでは、現地での詳しい活動内容が配信されておりますので、ご覧ください。

https://www.facebook.com/kumamotoshien/

 

 

皆様からの多大なるご支援を心より感謝いたします。

 

 

有明バイブルチャーチ

大牟田トータルクリスチャンチャーチ

 

2016.04.20 更新

 

 


4月19日(火)

現在、物資が皆さまのご好意によって、続々と集められています。

多くの方が教会HPや看板から情報を得て、沢山の物を持ち込んでくださっています。皆様の愛を心から感謝いたします。

大牟田トータルクリスチャンチャーチにも沢山の物資が届けられています。

毎日おにぎりを届けてくださる近隣の方、支援を知って幼稚園の保護者でクッキー等作るなど知恵を出し合ってくださる方、近隣学校のPTAの方々、病院関係の方々、私たちが想定もしていなかった範囲にまで支援の輪が広がっています。

写真 2016-04-19 21 17 17
写真 2016-04-19 21 16 04 IMG_0254

IMG_4522

 

また心温まる一言や心遣いに、とても励まされています。写真 2016-04-19 14 15 59
写真 2016-04-19 21 44 02

 

 

また、義援金につきましても、本当に多くの方が送ってくださっています。

個人で送ってくださった方、教会や団体を通して送ってくださった方、本来ならばお一人お一人にお礼を申し上げたいところですが、現状にてご理解ください。

本当に、本当にありがとうございます。皆様の愛を必ず被災地へお届けいたします。

 

義援金につきましては、主に現地のニーズがあっても物資としては集めることができない大物物資を中心に、こちらで手配し搬送しています。

今日までに、発電機、投光器、高圧洗浄機、ガソリン用携行缶などを皆様の義援金の中から、現地に届けています。

IMG_0259 IMG_1268 写真 2016-04-20 1 00 27 写真 2016-04-20 1 04 18 写真 2016-04-20 0 52 21

また、毎日荒尾と大牟田からの物資搬送を行うための運用資金として用いさせていただいております。

 

物資をくださる方、義援金を送ってくださる方、みなさんはすでに、この支援チームの一員です。

心より感謝すると同時に、支援はまだまだ続きます。まだまだ沢山の必要があります。

引き続き、物資、義援金のご協力をお願いいたします。

 

 

それから、皆様にお願いがあります。

 

「今なにが必要なのか。」

 

私たち含め、今、皆さんが一番知りたいことでもあると思います。

特に、物資に関しては、日々被災地のニーズが変わってきています。

私たちも現地からの必要物資の情報収集を行い、発信していきますが、「そのときそのときでニーズが変わる」ということを是非ご理解ください。

現地のライフラインが整い始めると、物よりもがれき撤去や片付けなどに沢山の人手も必要になります。

実際、私たちはボランティアのプロではありません。私たちにとっても初めてのことです。

私たちの今の役目は、ニーズに合わせた必要な物資を集める事、そして、できるだけタイムリーに活動拠点までそれを届ける事です。

現地ではボランティアのプロの団体の判断と指揮によって、避難所や支援の届いていない地域へ届けたり、必要な作業を行っています。

時には情報が交錯してしまったり、ご厚意を受け付けることができないこともあるかと思いますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 

また、明日以降のおにぎりについては、一旦受付を終了いたします。

土曜日から4日間、沢山のおにぎりを送ることができたのは皆様のご協力があればこそでした。

本当にありがとうございました。

お米に関しては引き続き受け付けますので、よろしくお願いいたします。

 

4/21以降の募集物資を変更しますので、ご協力お願いいたします。

写真 2016-04-20 8 03 28

 

今日も沢山の物資を、市内や益城町に届ける事ができました。

 

写真 2016-04-19 12 45 49

写真 2016-04-19 12 45 57

 

熊本では余震もまだ続いています。

こちらでもまだ体に感じる地震が一日に何度もあります。

 

明日も、自分に今できることは何か、考えながら被災地へ皆様の愛を運んでいきます。

 

被災地の方々の心と体と思いとが守られ、神様の愛で覆われますように。

支援してくださる皆様の上にも神様の恵みがありますように。


4月18日(月)

本日、第4回目となる支援を行いました。

今日は、湧心館高校と益城町木山へ物資を届けることができました。

おにぎりや日用品、水を届けました。

 

今日から、1日2便、物資を届けるようにしています。


写真 2016-04-18 23 05 15 写真 2016-04-18 23 06 03

 

特に益城町木山は非常に被害も大きく、道路はこのような状態です。

今回の地震の爪痕の深さを実感しました。


写真 2016-04-18 23 07 03

写真 2016-04-18 23 06 34

 

 

日々、そして時間ごとに必要となるものが変わってきています。

これからはこちらでも、載せていきたいと思います。

 

■4/19の予定■

第1便 11:30 出発

第2便 14:00 出発

 

■4/19募集するもの■

・水(ポカリスエット、ジュース類もOK)

   →近隣では水を購入するのも難しくなっています。

    清涼飲料でも構いません。よろしくお願いいたします。

・おにぎり(1個ずつラップで包んでください)
 
  →11:00までに持ってきていただければ第1便

  14:00までに持ってきていただければ第2便で搬送します。

    ラップや漬物、梅干なども募集します。

・すぐに食べられるもの(パン、魚肉ソーセージなど)

・ボディシート(制汗シート)

写真 2016-04-18 22 07 58

 

現在、HPを見て全国各地から問合せが相次いでいます。

海外からも連絡をいただいています。本当にありがとうございます。

また昨晩、教会前に支援物資募集の看板を掲示させていただいたところ、

気づいた地域の方が互いに声をかけて下さり、近隣の学校、自治会の方など、

沢山の方々が物資を持ってきてくださっています。

皆さんを通して、支援の輪が広がっていることを、心より感謝いたします。

皆さまからの大切な愛を、責任を持って現地に届けます。

引き続き、ご支援をお願いいたします。

写真 2016-04-19 9 21 24 写真 2016-04-18 23 11 29

IMG_0245

 

IMG_0244


平成28年 熊本地震について( Regarding the Kumamoto Earthquake)

この度、熊本地方を中心に起きました熊本地震におきまして、沢山のお祈りをありがとうございます。

この辺り周辺でも震度5強の大きな揺れを観測しましたが、今のところ、水、電気などのライフラインは保たれており、大きな混乱等はありません。

ですが、被害が大きかった地域では、長期間にわたる避難生活が予想されます。

ここから通常であれば1時間ほどの距離の熊本市内でも、甚大な被害が出ており、ニュースでも取り上げられるように、救援物資も不足し現場は緊迫した状態です。

近隣の皆様、またお心のある方からの物資提供、支援金のご協力をお願いします。

(→2016.5.15をもちまして、物資の受付は終了しております。)

現在、配送などが大変滞っておりますが、私たちのところからであれば、市内まで物資を届ける事が可能です。

近隣の教会と協力し、拠点となっている熊本ハーべストチャーチを通して、被災された方々に届けます。

皆様のご協力とご支援をお願いいたします。

 

As you know, recently an earthquake has struck the center of the Kumamoto region in Japan. Thank you for all your prayers concerning this disaster in Japan.
In this area, the earthquake registered with a magnitude of 5, and currently water, electricity, and other necessities are still available.
Regardless of this, there are areas that have received a great deal of damage, and we believe that daily life there will be difficult for quite some time.
Traveling from Ariake about an hour into Kumamoto City, you will encounter a great amount of damage, and as is being seen in the news, relief supplies are in short supply causing a strain on the people there.
To our neighbors, and to anyone who would like to get involved, we are asking for supplies and financial support for the afflicted people in the region.
Right now, the shipping of supplies from outside is very difficult because of the blocked roads in the area, but it is possible to send supplies that reach the city through us.
Through the cooperation of the neighbourhood and the church, and through Kumamoto Harvest Church, which is acting as a shelter within the city, the people that have been affected in this disaster are being helped by receiving supplies and support.
We ask you all for your cooperation and support.
For overseas donations, we are in the process of setting up ways for you to donate so please keep checking back for updates.  We appreciate all the support that we are getting. Thank you so much.

 

4/19現在、支援物資が続々と届けられています。本当にありがとうございます。
届けられた物資は、ここから熊本ハーベストチャーチ(〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木4丁目9−35)に搬送し、そこからボランティア団体の指揮のもと、必要なものを必要な場所に届けています。
5/15をもちまして、支援物資の受付は終了させていただきました。
沢山のご協力をありがとうございました。

支援物資に関しては、申し訳ありませんが、個人的にここに届けて欲しいといった支援者からのご要望にはお答えできませんので、ご了承ください。

また、熊本ハーベストチャーチは現在、私たちの活動母体である、九州キリスト災害支援センター(旧名称:熊本県教役者会熊本地震支援センター)の活動拠点になっています。

 

IMG_0254
写真 2016-04-19 21 17 17 写真 2016-04-19 21 16 04
写真 2016-04-20 0 25 59
IMG_4522

【必要物資】 2016.05.15更新

※日々被災地のニーズは変わります。必要に応じて更新しています。

 

現在、支援物資の受付は終了しました。

いただいた支援物資は、熊本市内、南阿蘇、阿蘇地方、益城町、宇城市を中心に、避難所だけにとどまらず、物資の行き届いていない地域や在宅避難者など必要なところへ届けています。

また熊本市内、南阿蘇で炊き出しも実施しております。

沢山のご提供、ご協力、ありがとうございました。

詳細については、日々の支援レポートでも更新していますので、ご覧ください。

 

■有明バイブルチャーチ

住所:〒864-0026 熊本県荒尾市牛水481-1

電話:0968-62-5870  FAX:0968-62-5873

mail:info@AriakeBC.jp

牧師:ロバート・ケイラー

 

【支援金受付】

支援金も随時受け付けております。

書面PDFはこちらから印刷して下さい。

 

振込先:アリアケバイブルチャーチ(ゆうちょ銀行)

■ゆうちょ銀行から振込の場合

記号:17170

口座番号:30618431

 

■他銀行から振込の場合

店名:七一八(読み ナナイチハチ)

店番:718

預金種目:普通口座

口座番号:3061843

 

■海外からの送金について

海外からの送金については九州キリスト災害支援センターにて受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。

 

なお、この働きは、九州キリスト災害支援センター(旧名称:熊本県教役者会熊本地震支援センター)の元で行っております。

いただいた支援金は、他教会と連携して、全て熊本地震の支援運営の為に用いさせていただきます。

ご理解をお願いいたします。

 

image1image2image3image4image5image6image7image8image9

IMG_1268

image1IMG_1305
IMG_1307