いのちのオアシス

5月13日(金)


今日は、宇城市松橋町の東洋ローア・キリスト伝道教会へ支援へ行きました。

ここは地震によって、地盤沈下が起こり、さらに屋根に大きな損傷がありました。

応急処置的に自分たちで屋根をシートで覆ったそうですが、風で飛ばされてしまい、その直後に大雨が降り、中までびしょ濡れになってしまって、お手上げ状態だったそうです。

私たち一般のボランティアは、屋根に上っての作業はできませんが、それ以外での作業や、片付け、必要な機材運搬などを行います。

写真 2016-05-13 19 35 31

写真 2016-05-13 19 35 35 (3)
写真 2016-05-13 19 35 34 (2) 写真 2016-05-13 19 35 34 (3) 写真 2016-05-13 19 35 35 (1)
写真 2016-05-13 19 35 35 写真 2016-05-13 19 35 36 (1)

 

筆談を使って、今の困っていることやニーズなどを伺い、次の支援へつなげます。

写真 2016-05-13 19 35 33

こちらの教会もまだ支援が必要です。

 

帰りに益城町を通って帰りました。

直に見るその光景はメディアで報道される以上の衝撃です。

荒尾と同じ熊本県内であるはずなのに、まるで別世界かと錯覚するほど、現地の被災状況は大きいです。

写真 2016-05-13 15 57 56 写真 2016-05-13 15 58 11 写真 2016-05-13 16 35 21 写真 2016-05-13 16 37 03

祈りながら、ここの支援の必要もひしひしと感じながら、帰途につきます。

 

明日は南阿蘇へ物資支援に行きます。

明日も必要な働きをすることができますように。