ã„ãŽãĄãŽã‚Ēã‚ĸã‚ˇã‚š

5月17æ—ĨīŧˆįĢīŧ‰


äģŠæ—Ĩは、įž¤éĻŦįœŒã‹ã‚‰æ”¯æ´ãĢ駆けつけãĻくれたグãƒŦックさんåŽļ族と一įˇ’ãĢ、ぞずį›ŠåŸŽãŽæ–šã¸å‘かいぞした。

įžåœ¨ã€į›ŠåŸŽį”ēでは、æ—ĨãĢよãŖãĻがれきぎ受けå…Ĩれæ—ĨãŒč¨­ã‘ã‚‰ã‚ŒãĻおり、äģŠæ—Ĩはがれきぎ受けå…Ĩれæ—ĨではãĒいためãĢ、äŊœæĨ­č‡ĒäŊ“はすることができぞせん。

äģŠæ—Ĩは、įžįŠļčĒŋæŸģもåĢめãĻ、į›ŠåŸŽå‘¨čžēをåģģりぞした。

写įœŸ 2016-05-17 20 46 41 (2)

 

教äŧšå“ĄãŽįŸĨり合いぎ斚ぎ所へもäŧēいぞした。

そぎ斚は、åŽļでįœ ã‚‹äē‹ãŒã§ããšã€äģŠã‚‚čģŠä¸­æŗŠã‚’įļšã‘られãĻいるとぎこと。

長åŧ•ãã€čģŠä¸­æŗŠãĢよりčļŗも不č‡Ēį”ąãĢãĒられãĻいるそうです。

äģŠæ—Ĩは一įˇ’ãĢおįĨˆã‚Šã™ã‚‹ã“とができぞした。

čļŗがį™’され、これからも厈られぞすようãĢ。

写įœŸ 2016-05-17 20 46 40 (3) 写įœŸ 2016-05-17 20 46 40

 

ãžãŸã€å°‘ã—čĄŒãã¨ã€ã¨ã‚ã‚‹åĨŗ性ãĢおäŧšã„しぞした。

į”Ÿæ´ģæ°´ã‚’æą˛ãŋこられãĻいたようです。

地震ãĢよãŖãĻã€č…°ã‚’į—›ã‚ã‚‰ã‚ŒãĻいるとぎこと。水をåŽļぞで運ãļお手äŧã„をさせãĻいただきぞした。

写įœŸ 2016-05-17 20 46 42 (1)

äģŠæ—Ĩはį›ŠåŸŽã§ãŽäŊœæĨ­č‡ĒäŊ“はできぞせんでしたが、こぎようãĢ「äēē」とぎå‡ēäŧšã„を通しãĻ、æŦĄãŽæ”¯æ´ãĢつãĒがãŖãĻいくäē‹ã‚‚、äģŠãžã§ã‚‚äŊ•åēĻもありぞした。

ã˛ã¨ã¤ã˛ã¨ã¤ãŽå‡ēäŧšã„を大切ãĢし、ぞたčĸĢįŊč€…ãŽæ–šãŽåŖ°ãĢč€ŗを傞ける支援をこれからもįļšã‘ãĻいきたいと思いぞす。

 

äģŠæ—Ĩは、それから南é˜ŋč˜‡ã¸į§ģ動し、䞝é ŧぎあãŖたåŽļぎį‰‡äģ˜ã‘ã‚’čĄŒã„ãžã—ãŸã€‚čģŊトナックをäŊŋãŖãĻ、įŊåŽŗゴミå‡Ļį†å ´ã¸é‹æŦしぞす。


写įœŸ 2016-05-17 20 46 39 写įœŸ 2016-05-17 20 46 40 (1) 写įœŸ 2016-05-17 20 46 40 (2)

「一äēē暎らしで、とãĻも一äēēでは寞åŋœã§ããĒかãŖた、劊かりぞした」と、とãĻも喜ばれぞした。

ぞた、地震åŊ“初ぎäē‹ã‚„それからおう過ごしãĻきたか、晎æŽĩは土いじりがåĨŊきãĒäē‹ã€č‰˛ã‚“ãĒäē‹ã‚’čŠąã—ãĻくれぞした。

写įœŸ 2016-05-17 20 46 36

äģŠæ—Ĩå‡ēäŧšãŖた一äēēã˛ã¨ã‚ŠãŒã€å‰ã‚’å‘ã„ãĻæ—Ĩ々過ごされãĻいることãĢ、į§ãŸãĄč‡ĒčēĢãŒåŠąãžã•ã‚ŒãĻ帰ãŖãĻきたようãĒ気がしぞす。

 

これからį†ŠæœŦはæĸ…雨をčŋŽãˆã€ãã—ãĻ暑い夏がæĨぞす。

それč‡ĒäŊ“は毎嚴変わらãĒいäē‹ãĒぎですが、

äģŠåš´ã¯å¤šããŽæ–šã€…が、äģŠãžã§įĩŒé¨“したäē‹ãŽãĒいようãĒ、こぎå­Ŗį¯€ãŽéŽã”し斚をされるかと思いぞす。

æŦĄãĢつãĒがる支援をčĻ–野ãĢå…Ĩれつつ、äģŠæ—Ĩぎ働きが厈られたäē‹ã‚’æ„ŸčŦã—ぞす。