いのちのオアシス

5月6日(金)


今日は支援センターからの物資要請もなく、全体作業はお休みとしました。

これから長い支援になりますから、私たちも休める時には休んで、健全な状態で支援ができるよう努めていきたいと思います。

 

今日も、何人か持込みで物資を届けてくださる地域の方や、物資や支援内容について問い合わせいただく方もあり、とても心強く感じました。

 

また、今日は関西聖書学院からのボランティアメンバーで大牟田トータルクリスチャンチャーチ(猪尾悦二牧師)の応援に行きました。

大牟田トータルクリスチャンチャーチとは、震災当初から一緒に協力・連携して支援活動を行っていましたが、最近になって地震の影響で会堂の建物に亀裂が入っていることがわかり、さらに早急に解体する必要があることがわかりました。

こちらの解体については、素人で手を出せるものではなく、専門の業者に入ってもらっての作業になるとのことです。

13015167_10207989188226464_7941628040311592640_n 写真 2016-05-06 11 56 59 写真 2016-05-06 11 57 32

私たちにとっても、とても馴染みの深い場所です。

身近でもこのような被害がでていることに、改めて今回の地震の爪痕の深さを感じます。

 

また、新しい教会の場所は決まったのですが、そこもすぐに使える状態ではなかったため、昨日まで沢山のボランティアの方が来られて、ずいぶん片付いたようですが、それでもまだかなりの修理や掃除などが必要なようです。

13124742_10209623308004404_4846726885871059803_n 写真 2016-05-06 16 46 27

 

今日は大牟田トータルクリスチャンチャーチの教会員数名と業者の方が入って、ステージの解体が行われていました。

写真 2016-05-06 16 56 22 写真 2016-05-06 16 56 33

 

この場所に、神様の新しい祝福と恵みがありますように。

是非、大牟田トータルクリスチャンチャーチのために覚えてお祈りください。
そして、私たちもこれからも協力・連携し合い、支え合っていきたいと思います。