いのちのオアシス

6月19日(日)


今日は、父の日礼拝でした。
お父様方に日頃の感謝を表し、また祝福を祈ります。
写真 2016-06-20 12 31 00 (2) 写真 2016-06-20 12 31 03 (1)
午後からは食事を持ち寄り、交わりのときを持ちました。
私たちの教会ではこのような交わりの時間も大切にしています。
写真 2016-06-20 12 30 54 (3)
写真 2016-06-20 12 30 56 (1) 写真 2016-06-20 12 30 56 (2)
写真 2016-06-20 12 30 55 (1)
今日は6月誕生日の人のお祝いも行いました。
写真 2016-06-20 12 31 46
また、毎年恒例になりつつある、父の日ボーリング大会!!
今年も大人から子供まで、大変盛り上がりました。
写真 2016-06-20 12 31 39 写真 2016-06-20 12 32 00 写真 2016-06-20 12 32 03 写真 2016-06-20 12 32 07 写真 2016-06-20 12 32 08 (2) 写真 2016-06-20 12 32 08 写真 2016-06-20 12 32 09 (1) 写真 2016-06-20 12 32 09
毎年パスカワールドさんにご協力いただき、楽しい時間を持たせていただいています。
写真 2016-06-20 12 31 51
教会の子供たちにとっても、楽しいとても良い時間でした。
霊肉ともにリフレッシュされ、また交わりを通して励まされ養われた力を、今週からの支援活動に向けていきたいと思います。


これは、南阿蘇の方から苗をいただいたマリーゴールドです。
満開になりつつあります。
写真 2016-06-12 10 26 39
こちら荒尾方面はほとんど地震の被害はなかったとは言え、今も体に感じる余震があるときもあります。


被害の大きかったところではなおさらだと思いますが、私たちの教会の子供たちでも「地震」という言葉に敏感だったり、揺れや警告音に近い音に強く反応したり、一人でトイレに行けなくなった子もいます。


また、荒尾のある小学校では、おそらく地震の影響で最近になってプールにヒビが入っていることが分かり、水漏れするためプール開きが延期になっているところもあります。


地震発生から2ヶ月が過ぎましたが、時間が経つにつれ、こんなところにまで影響が及んでいる、と気づくことがあるのも確かです。


 今日の夕方からは雨が降り始め、熊本では今週から雨模様が続くようです。


余震もまだ続く中、土砂災害が懸念される阿蘇地方、建物の損傷がとくに激しい益城地方、支援が後回しになりがちな熊本市内、今も避難生活を続けておられる方々のために祈りつつ、今週の働きに臨みます。