ã„ãŽãĄãŽã‚Ēã‚ĸã‚ˇã‚š

7月1æ—Ĩīŧˆé‡‘īŧ‰


äģŠæ—Ĩは南é˜ŋč˜‡ã‹ã‚‰é˜ŋč˜‡ã¸į§ģ動しぞす。

é˜ŋč˜‡ãžã§čĄŒãé€”ä¸­ãŽé“ã¯ã€åœŸį ‚å´Šã‚ŒãŽčˇĄãĒおはãĒく、厉全ãĢčĄŒãã“ã¨ãŒå‡ēæĨぞした。

äģŠæ—ĨぎäŊœæĨ­ãŽãƒĄã‚¤ãƒŗã¯č‰åˆˆã§ã™ã€‚

ゴ゚ペãƒĢホãƒŧムグロãƒŧãƒĒãƒŧ教äŧšå‘¨čžēãŽč‰ã‚„įĢšã‚’刈り取ãŖãĻいきぞす。

写įœŸ 2016-07-03 15 40 18 写įœŸ 2016-07-03 15 40 22 写įœŸ 2016-07-03 15 40 25

写įœŸ 2016-07-03 9 36 59 (1)

写įœŸ 2016-07-03 9 37 03 写įœŸ 2016-07-03 15 40 29

 

こぎ教äŧšã¯åœ°éœ‡ãĢよりåŸēį¤Žéƒ¨ãĢäē€čŖ‚がå…Ĩり、äģŠå›žãŽé›¨ã§æ°´ãŒæĩ¸å…ĨしãĻしぞいぞした。こぎぞぞ攞įŊŽã™ã‚‹ã¨ã€åŸēį¤Žéƒ¨ãŽč…æ•—ぎ原因とãĒりぞす。

äģŠå›žã¯ãžãšã€åŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽã¨ã—ãĻ、これäģĨ上水がæĩ¸å…ĨしãĒいようãĢåŸēį¤Žéƒ¨ã‚’ブãƒĢãƒŧã‚ˇãƒŧトでčĻ†ã„ぞす。

写įœŸ 2016-07-03 9 37 01

ぞた、ブãƒĢãƒŧã‚ˇãƒŧトぎ重しとãĒる土åšĸをäŊœã‚Šãžã™ã€‚

写įœŸ 2016-07-03 9 36 58
写įœŸ 2016-07-03 9 36 59

ぞた、äŊŋį”¨ã—ãĒくãĒãŖãŸå†ˇč”ĩåēĢを ゴ゚ペãƒĢホãƒŧムグロãƒŧãƒĒ―から頂きぞした。

ããŽå†ˇč”ĩåēĢは植木キãƒĒ゚ト教äŧšã§ãƒœãƒŠãƒŗテã‚Ŗã‚ĸぎį‚ēãĢäŊŋį”¨ã—ぞす。

写įœŸ 2016-07-03 9 37 09 (1) 写įœŸ 2016-07-03 9 37 09 写įœŸ 2016-07-03 9 37 11

 

äģŠæ—Ĩはそぎあと、čŋ‘ããŽãƒˆãƒžãƒˆčž˛åŽļãĢおé‚Ēé­”ã—ã€ã„ã‚ã„ã‚ã¨ãŠčŠąã‚’äŧēいぞした。

震įŊ垌、ずãŖã¨čƒŒä¸­ãŒį—›ã‚“でいたそうですが、į„Ąį†ã—ãĻ働きįļšã‘ãĻいたそうです。垌から、あばらぎéĒ¨ãŒæŠ˜ã‚ŒãĻいることがわかり、すぐãĢæ‰‹čĄ“ã¨ãĒられたそうです。

写įœŸ 2016-07-03 9 39 19 (1)

æąēしãĻåŖæ•°ãŒå¤šã„ã‚ã‘ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ãŒã€å°‘ã—ãšã¤čŠąã—ã‚’čžã„ãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢã€æ‰‹åĄŠãĢã‹ã‘ãŸãƒˆãƒžãƒˆãŽã“ã¨ã€čž˛æĨ­ãĢ寞する情į†ąã€åœ°å…ƒã§ã‚ã‚‹é˜ŋč˜‡ã¸ãŽæˇąã„æ„›ã‚’ã¨ãĻも感じぞした。

写įœŸ 2016-07-03 9 39 17

äģŠæ—Ĩは、トマトぎäģ•åˆ†ã‘ぎお手äŧã„をさせãĻいただきぞした。

写įœŸ 2016-07-03 9 39 18 (1) 写įœŸ 2016-07-03 9 39 18

䚝キįŊã§ã¯å°‘ã—ãšã¤ã€čž˛æĨ­æ”¯æ´ãĢも取りįĩ„んでいぞす。

これからもおぎようãĒåŊĸでã‚ĩポãƒŧトしãĻã„ã‘ã‚‹ã‹æ¨Ąį´ĸしãĒがら、æ´ģ動をįļšã‘ぞす。

 

į†ŠæœŦ全äŊ“でも感じることですが、į‰šãĢ南é˜ŋ蘇ãƒģé˜ŋč˜‡åœ°æ–šãŽæ–šã¯ã€åœ°å…ƒæ„›ãŒæˇąãã€ã¨ãĢかくé˜ŋč˜‡ã‚’æ„›ã•ã‚ŒãĻいるãĒぁと感じぞす。

多くぎäēēぎčĒ‡ã‚Šã§ã‚り、įžŽã—く雄大ãĒé˜ŋč˜‡ã€‚

地震そしãĻčąĒ雨ãĢよãŖãĻã€ããŽæ™¯č‰˛ãŒå¤‰ã‚ãŖãĻã‚‚ã€åœ°å…ƒãŽæ–šãŸãĄãŽé˜ŋ蘇ãĢ寞する思いぎåŧˇã•ã€æˇąã•ã‚’支援する中でとãĻも感じぞす。

そぎようãĒ地元ぎäēēãŸãĄãŽæ€ã„ã‚’å¤§åˆ‡ãĢし、寄りæˇģいãĒがらこれからもã‚ĩポãƒŧトしãĻいきたいと思いぞす。