ã„ãŽãĄãŽã‚Ēã‚ĸã‚ˇã‚š

7月21æ—Ĩīŧˆæœ¨īŧ‰


äģŠæ—Ĩは南é˜ŋč˜‡ã¸į”°ã‚“ãŧãŽé™¤č‰äŊœæĨ­ãĢčĄŒããžã—ãŸã€‚

äģĨ前ãĢ、支援した斚ぎつãĒがりからäģŠå›žãŽäžé ŧを受けぞした。

 

昨嚴、äŊ“čĒŋを崊されãĻäģĨæĨ、äŊ“が思うようãĢ動かãĒいįŠļ態で、čŋŊã„æ‰“ãĄã‚’ã‹ã‘ã‚‹ã‚ˆã†ãĢäģŠå›žãŽį†ŠæœŦ地震を受け、į”°æ¤ãˆã¯ãĒんとかできたけれお、įŽĄį†ã¯ãĒかãĒかできãĻいãĒいįŠļæŗãŽä¸­ã‹ã‚‰ãŽäžé ŧでした。

IMG_5107 IMG_5109

äŊœæĨ­ã¯ã€į”°ã‚“ãŧぎ中ãĢã‚ã‚‹é›‘č‰ã‚’å–ã‚Šé™¤ãã“ã¨ã§ã™ã€‚

ãžãšã¯ã€ãŠã‚ŒãŒé›‘č‰ã§ã€ãŠã“ãĢį”ŸãˆãĻいるぎかを教えãĻいただいãĻ、äŊœæĨ­ãĢå…Ĩりぞす。

IMG_5113 IMG_5115

é›‘č‰ã¯ã€į¨˛ãŽæ šã‹ã‚‰į”ŸãˆãĻいるもぎもあり、間違ãŖãĻ抜いãĻしぞう可čƒŊ性もあり、だからといãŖãĻそぎぞぞãĢしãĻおくと、į¨˛ãŽæ „養を吸い取ãŖãĻしぞい、į¨˛ã‚’枯らしãĻしぞうぎで攞įŊŽã™ã‚‹ã“とはできぞせん。

æŗ¨æ„ã—ãĒがら、選åˆĨし抜いãĻいきぞす。IMG_5116
IMG_5119

同じäŊ“å‹ĸでぎäŊœæĨ­ã§ã€ãƒœãƒŠãƒŗテã‚Ŗã‚ĸãƒĄãƒŗバãƒŧã‚‚č…°ãŒį—›ããĒãŖたりしãĻã€čž˛åŽļぎ斚々ぎごč‹Ļ労をčēĢãĢ染ãŋãĻわかりぞした。

 

おæ˜ŧãĢは、娘さんが収įŠĢされたトマトをいただき、ぞた震įŊぎ時ぎįŠļæŗãĒおをäŧēいぞした。

IMG_5145 IMG_5166

IMG_5170

南é˜ŋč˜‡ã§ã¯å”¯ä¸€æŒãŖãĻおられるという、ポãƒŗč“å­čŖŊ造抟をつくãŖãĻ、į§ãŸãĄã‚’ã‚‚ãĻãĒしãĻくれぞした。

すごいéŸŗとともãĢおįąŗがポãƒŗč“å­ãĢ変わãŖãĻいく様子をčĻ‹ã•ã›ãĻいただきぞした。

äģĨ前ãĢは、道ぎ駅ãĒãŠã§č˛ŠåŖ˛ã•ã‚ŒãĻいたようで、äŊœã‚‰ã‚ŒãĻã„ã‚‹æœ€ä¸­ãŽéĄ”ã¯ã¨ãĻもį”Ÿãį”Ÿãã¨ã•ã‚ŒãĻいぞした。

IMG_5176 IMG_5177 IMG_5184 IMG_5189

できたポãƒŗč“å­ãĢ、キãƒŖãƒŠãƒĄãƒĢをįĩĄã‚ãĻäŊœãŖãĻくれぞした。

IMG_5193 IMG_5195

å‡ēäŧšãŖたときは、とãĻã‚‚æš—ã„čĄ¨æƒ…ã‚’ã•ã‚ŒãĻいぞしたが、帰るころãĢはįŦ‘éĄ”ã‚’čĻ‹ã›ãĻくれãĻ、į§ãŸãĄãŽå­˜åœ¨ãŒå°‘しでも元気を与えることができたぎだと感じ、ともãĢæ´ģ動できたことをとãĻもうれしく思いぞした。

IMG_5209

ポãƒŗč“å­ã¯ã€īŧ‘か月ãģおäŋå­˜ãŒã§ãã‚‹ãã†ã§ã€ãƒœãƒŠãƒŗテã‚Ŗã‚ĸãƒĄãƒŗバãƒŧへと預けãĻくれぞした。

IMG_5201

äģŠæ—ĨはすずãĻぎäŊœæĨ­ãŒįĩ‚わらãĒかãŖたぎで、ぞた垌æ—ĨäŧēうことãĢãĒãŖãĻいぞす。